KIMONO さくら

藤田織物の世界観

流行にとらわれることなく、心を織物に反映させ、
日々の日常生活からヒントを得て
どのようなシーンで、着られるのか、
着る人を想像しながら、糸を作り、
職人へ想いを伝え、時には織機を止め、会話しながら
アイディアを絞り出すことで、唯一無二の世界観が生まれます。

帯の魅力

〝点・線・面〟とこの立体形状をコンセプトとして、
全て手作業のモノづくりに私は魅了されてしまいました。
見ていてシンプルでありながら、存在感抜群。
まるで帯と会話をしているような気分にさせてくれる
心躍る帯です。

コーディネート

大島紬など、さっぱりとした無地感のお着物に合わせることで、
帯と着物が調和し、着ている本人を引き立ててくれます。

手仕事の技

西陣織の歴史の中で、
手織り一筋に技術を保存・継承していくため、
手織りにこだわり続け、単に手で織っているというのではなく、
手織りで織る意義を考えながら、
失われていく手作りの「技」というものを後世に伝えようとしています。
新しい時代の感性、思考、表現方法と、
ひと味違う織物の世界を藤田織物はつくっています。

そして藤田織物には設計図というものはありません。
始めにイメージを決め、革新的なアイデア、
そして熟練した織人の感性によって、帯を製作しています。

TOP