KIMONO さくら

おすすめする3つの理由!

低予算

新規購入時と比較して
低予算!

想いを受け継ぐ

母、姉の想い出詰まったお着物を、
想いとともに受け継ぐこと、
それが一番の醍醐味です!

昔の技術力を生かす

ひと昔前のお着物は、
〝手間ひま〟かけた生地と技術で
創られており、その美しさには、
他には変えられない価値があります!

こんな理由で着ないのはもったいない!

こんな方法で解決できます!!

料金PRICE

サイズを変える場合

手の長さが合わない

通常の行きの長さはくるぶしまで出しますが、短い場合は、一度解き、折り目筋が出てしまう場合は〝スジ消し〟をして、お好みの手の長さに合わせて〝行き出し〟致します。
期間20日前後
料金・スジ消し
3,000
・行き出し
5,000

身巾が合わない

久しぶりに出して合わせてみたら、ビックリ! 幅が合わない・・・
なんて事ないですか?そんな時は、一度解いてスジ消しをして体系に合った身巾に合わせて縫い直し致します。
期間20日前後
料金・スジ消し
3,000円〜5,000
・身巾直し
12,000

着丈が合わない

ご家族や友人から頂いたりしても着丈が・・・なんて事ないですか?
内揚げに生地が入っていればお直し可、ない場合でも余りキレで胴つぎをすることで、ご希望の着丈に直せます。
期間30日前後
料金・着丈直し
16,000
・スジ消し
3,000

全体的に合わない

手の長さ、身巾、着丈など全体的に合わない場合は、一度洗い張りをする事で( 全部解き丸洗い)絹本来の艶が蘇るのでおススメです。その後で、寸法に合わせてお仕立て致します。 期間60日~
期間50日〜
料金・洗い張り
14,000
・仕立て(小紋)
25,000

色を変える場合

期間60日〜
料金 ・洗い張り14,000
・色抜き、染め替え18,000
・仕立て(色無地)25,000

品名や作業内容の変更によっては料金は異なります。

柄を変える場合

お着物の状態や変える面積などにより、大きく変わりますので、
お持ちのお着物を見させていただいてからお見積りさせていただきます。

作業工程例PROCESS

地色の色抜き加工

  • オレンジの地色を色抜きした状態。ここまで色が抜けてしまえば大抵どんな色にも染めあがります。柄は、一緒に色抜きをすると抜けてしまうことがありますが、お預かりしたお着物は顔料で染めてあるので色抜けしないであろうという判断のもと、思い切って全体を色抜きすることを決断致しました。

色合いの決定

  • 色見本帳からお客様の好みの色合いを決めていく作業です。今回のように色が綺麗に抜けた場合は、大抵どんな色合いにも染まります。色がそのままの状態から上に色かけする場合は、試し染めも行えますので安心です。

完成!!

三十年前の
思い出の着物が
現代に蘇りました。
今の私好みの配色に変わり、
大満足!
(お客様 E様)

BEFORE30年前、当時5歳の息子さんと。

AFTER

実施例WORK

道行

派手な色合いが、紬や小紋などに良く合う色合いへ変身!

お客様の
ご相談内容
明るめな朱色の道行で、気になる色なので、落ち着く色に変えたいとのご相談。
お店側の想いと
作業工程
仕立ての際に余る生地にて試験染めの後、お好みの色をお選び頂き、反物生地の染め替えをして、羽裏も今風なお洒落な仕様に変え、紬や小紋などに良く合う色合いへと蘇りました。
参考価格
洗い張り
14,000円
色掛け
18,000円
羽裏代
30,000円
仕立て代
25,000円
合計
87,000円

※税別 ※内容により変動しますので、詳しくはご相談ください。

一覧にもどる

黒留袖

柄はそのままで、落ち着いた色へ変身!

お客様の
ご相談内容
娘の結婚式を数ヶ月前にひかえ、数十年前に嫁に行く際に用意した留袖を広げてみたところ、「色が気になる~」でも「お婆ちゃんになった母にこの留袖の着姿をどうしても見せたい!でも色が・・・」何かいい方法がないかというご相談で来られました。
お店側の想いと
作業工程
思い出に残っている柄はほとんど変えず、色合いのみを変えて、ご両親に着姿を見て頂けたら・・・そんな想いを込めて作業スタート。着用までの期限が2ヶ月と迫る中、解いて、色柄を直し、仕立てる方法では、式に間に合わないため、解かずに〝 染め加工〟と〝金彩加工〟が出来る京都の職人さんにお願いして、期限ギリギリに仕上がりました。落ち着いた色合いになり大変喜んで頂けました。
参考価格
色掛け
箔置き
胡粉掛け
※解き洗い張りなし
仕立て上がり状態からの加工
合計
95,000円

※税別 ※内容により変動しますので、詳しくはご相談ください。

一覧にもどる

小紋

模様を残して、色目のみ変更!

お客様の
ご相談内容
お母様がご用意してくれたお着物で、二十代の頃は、よくお召しになられたが、最近は、少し派手になり着れなくなってきたので、模様を残しつつ色目を変えたいとのご相談。
お店側の想いと
作業工程
試験染めをして、お好みの色をお選び頂き、染め上げました。今後は、お稽古着としてお召しになるとの事です。
参考価格
洗い張り
14,000円
色掛け
18,000円
八掛交換
12,000円
胴裏
そのまま使用
仕立て代
25,000円
合計
69,000円

※税別 ※内容により変動しますので、詳しくはご相談ください。

一覧にもどる

付下げ

木賊の朱色部分が紺色に変わり、落ち着いた印象に。

お客様の
ご相談内容
気に入って知人から頂いたお着物ですが「木賊(とくさ)の朱色の部分が少し明るいので落ち着かせたい。」とのご相談でした。
お店側の想いと
作業工程
ゆっくりでいいとの事なのでまず、洗い張りをして、表面の汚れを落とし、生地をスッキリと。木賊の部分のみを色抜き~お客様好みの青系の色を挿し、朝露のように水滴を柄で演出~白色の流水箇所を青色にして、流動感があり、少し豪華なイメージへ仕上げました。
参考価格
洗い張り
14,000円
朱色の色抜き
色掛け・流水・水滴・金彩
加工一式 140,000円
仕立て代
30,000円
合計
184,000円

※税別 ※内容により変動しますので、詳しくはご相談ください。

一覧にもどる

小紋

型を生かしてシックなカラーに大変身!

お客様の
ご相談内容
「カラフルな配色の型小紋配色がお好みではなくなった。」とのご相談でした。
お店側の想いと
作業工程
一旦全て色抜き後、あらためて考えたいとのご意向でした。色抜き後に残った型を生かして、鼠色一色染めで大満足の小紋へと生まれ変わりました。
参考価格
洗い張り
14,000円
特殊色抜き
10,000円
八掛交換
12,000円
胴裏
そのまま使用
仕立て代
25,000円
合計
61,000円

※税別 ※内容により変動しますので、詳しくはご相談ください。

一覧にもどる

お見積もり無料!ご相談受付中!

TOP